愛車の車検は自分でするとお得

新車では3年、その後は2年に1回と、必ず受けなければいけないのが車検です。自動車を維持するのにただでさえお金がかかるのに、なるべく無駄な出費を抑えたいというのが誰もの本音だと思います。そこで車検のさいにあらかじめ見積もりを取って、どれだけのコストがかかるのか試算してみることをおすすめします。それも1社では比較できないので、2社くらいでその内容を検討してみるのが良いでしょう。定期的に交換しなければ走行に支障がきたすものがありますので、例えばオイル交換やエレメント交換は一度に済ますのが良いでしょう。

ブレーキ関係もブレーキパッドがすり減っていれば交換しておかなければいけません。本当に交換しなければいけないものかどうかを、その見積書と照らし合わせながら検討することをおすすめします。そのさい、整備士さんから直接説明を受けられるのであれば、その部品交換が本当に必要かどうかを聞いてみることで納得できると思います。また、本当に安ければ良いのかといえばそうではありません。故障してから車を持ち込めば、その分修理代が高くなることがあります。何事も早期発見、早期治療です。大きなトラブルになる前に修理をしておくと結果的にコストダウンにつながるのです。車検をさらに安上がりに済ませる方法として、おすすめなのがユーザー車検です。これは自ら車を持ち込んで点検を受ける方法と、代わりに点検をしてくれる業者に依頼する方法の2通りあります。

自分で最初から最後まで行えば安上がりになりますが、誰にでもできるというわけではありません。車の性能や動作について、ある程度の専門知識がないと自分では点検できないからです。しかし、家に何台も車がある場合や、これから長く車に乗り続けないといけない場合などは、車の知識を勉強しておけば大いに役に立つでしょう。また、自分の命を運んでいる車ですので、人任せにせずに自分で日頃から点検していれば、愛着もわきますし、長く乗るためにはどうしたら良いかを意識しながら運転するように習慣付けられると思います。車に負荷をかけるような急発進や急加速、急ブレーキなどの動作を抑えることで燃費も改善され、タイヤの消耗なども減らすことができます。お財布にも環境にもやさしいことが求められている時代です。ぜひ、日頃から自分の車に関心を持って、愛情を注いてあげることが長持ちさせる秘訣であることを心がけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*