車検積立をして時期もありました

若者にとって自家用車を維持することは、けっこうお金がかかるものです。車が趣味という人は、働いたお金の多くの金額を車につぎ込めますが、結婚し、家族が増えると、難しくなります。安い給料の中で車の維持にしめる割合は、決して小さくなくて、家計費全体にとっては、かなり負担になります。燃料代、駐車場代、自動車保険料、税金に加えオイル交換などのメンテナンス代も不定期ですが必要になります。メンテナンスも高額でなければ、毎月の給与からねん出できるのですが、車検を通す費用までは無理です。

この2年に一度の車検代は重量税や自賠責を含めて支払う金額が、ディーラーに入庫してすると20万円くらいしましたから、ボーナス月に5万円づつ車検積立をしたものです。車検は安全に走行できるかどうかの確認を義務付けている制度なのでこれは大切なことです。ですからディーラーに頼まず、ガソリンスタンドや車の修理工場などで安価にしてもらっても、本来はいいようなものです。いずれの場合でも、資格を持った整備工がチェックしているのですから。また、メンテナンスがきっちりできていれば、車検そのものは、各自治体ごとにある陸運局に個人でもっていってチェックしてもらって支払うこともできます。その選択もあります。その手間賃も業者に頼むと含まれますから、自分でもっていけばその費用は必要ないので安あがりになります。ただ、平日働いているともっていくことができないため、お願いしてしまうことが多いのです。

車検以外でも、車は機械なので、メンテナンスが必要です。ライトも切れます。窓の開け閉めが壊れます。タイヤの溝が浅くなれば交換です。冬タイヤも必要です。このような故障だけでなく、こすって、傷をつけてしまうこともあります。車を心地よく安全に乗り続けるための費用が必要です。さらに何年かに一度は車の買い替えです。そういうものすべてを合算し、月額の費用を割り出してみると、費用面からだけ考えるとバスやタクシー、公共乗り物を使ったほうが、安価になるかもしれません。けれども、免許を持って、自由に自分の好きな時間に好きな場所に移動できる手段を知ってしまうと、なかなか車をもつことは止められません。老人の事故が多いのは、視野が狭くなったり、注意力や反応が鈍くなったり、とっさの判断能力が低下したり、動体視力が落ちたりなどの理由からです。車検は車のチェックですが、人間のチェックも本当はもっと厳しくあるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*